国立校での英検受験について



この4月より、英検テストセンターにて毎週末(土日)に英検S-CBTを受けられるようになりました。同一級(準1級〜3級)を各検定期間(第1回:4月~7月、第2回:8月~11月、第3回:12月~3月)に2度まで(ペーパーの従来型を加えると3度まで)受験できます。

茗渓予備校国立校では、一昨年度まで長らく英検を準会場実施してきましたが、昨年度は新型コロナ関連の状況を鑑み実施を中断しておりました。今後のコロナ禍の先行きも不透明であることに加え、上述の通り次月より生徒が自分の好きなタイミングで英検受験を自由にできるようになりましたため、国立校における準会場実施は終了させていただくことになりました。無論、授業での英検対策指導は今後も精力的に継続していく所存です。ご迷惑をおかけしますが、以上よろしくお願いいたします。


本日より新学年開始



茗渓予備校では学校より一足早く3/1より新学年が始まります。講師の勤務シフトは、3月いっぱいは昨年度のシフトが継続し、4月より新年度のものになります。2021年度受験組の国立大学後期入試もまだ控えていますので、最後までしっかりサポートしていきたいと思います。






湯島聖堂の絵馬



湯島聖堂の絵馬をもらってきました。



冬期講習明けに奉納する予定です。今年の受験生および近く英検などの検定試験を受ける予定の人はぜひ意気込みを書いていってください。



 


ちなみに湯島聖堂のすぐそばに湯島天神もありますが、この2つは別物です。

湯島聖堂:1691年に5代将軍徳川綱吉が江戸の湯島に建てた孔子廟孔子をまつる堂)。日本の学校教育発祥の地。1632年に林羅山が上野忍ケ岡に建てた孔子廟を,綱吉が湯島に移し大成殿と称した。これに林家の私塾(弘文館)が付属していたが、寛政の改革の異学の禁で官立の昌平坂学問所(昌平黌)となり、聖堂・学問所ともに林家が世襲経営した。維新政府に引き継がれた後、1871年に閉鎖。教育・研究機関としての昌平坂学問所は、幕府天文方の流れを汲む開成所、種痘所の流れを汲む医学所と併せて、後の東京大学へ連なる系譜上に載せることができるほか、この地に設立された東京師範学校(現筑波大学)や東京女子師範学校(現お茶の水女子大学)の源流ともなった。また、敷地としての学問所の跡地は、そのほとんどが現東京医科歯科大学湯島キャンパスとなっている。

湯島天神(湯島天満宮、湯島神社):東京都文京区湯島にある神社。祭神は天之手力雄命(あまのたぢからおのみこと)と菅原道真。学業の神として知られ、受験期には特に参拝者が多い。458年創建。1355年に菅原道真を勧請して合祀。




あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

New Year Card
大学入学共通テストまであと2週間ほどになりました。今年も講師陣一同、生徒たちを最後までしっかりと支援していく所存です。

茗渓予備校国立校は日曜日以外に下記の日が休校日となり校舎が閉館しますので、ご確認下さい。

  • 1月 1日〜3日:休校。1月2日〜3日は吉祥寺校にてスーパーインテンシブ
  • 1月 8日(金):新学期準備日。
  • 1月11日(月):成人の日。※振替指導アリ。
  • 2月11日(木):建国記念日。
  • 2月23日(火):天皇誕生日。
  • 2月28日(日):講師研修日。※吉祥寺校も休校。


注:1月9日より3学期の平常指導が開始します。新学年の1学期の開始は3月1日になります。


冬期季講習が開始します



冬期講習が12/22より始まります。冬期の各講師の国立校での講義時間は以下の通りとなります。詳細は各講師に直接お問い合わせください:

前半:12/22〜25、12/27〜28
時間 齋藤収 平石 菓子 鈴木
10:00-11:00
11:00-12:00
12:00-13:00
13:00-14:00
13:30〜
14:00-15:00
15:00-16:00
16:00-17:00
17:00-18:00
18:00-19:00
19:00-20:00
〜19:30
備考 12/24, 25休
(12/21出)

後半:12/29〜30、1/4〜1/7
時間 齋藤収 平石 菓子 鈴木
10:00-11:00
11:00-12:00
12:00-13:00
13:00-14:00
14:00-15:00
15:00-16:00
16:00-17:00
〜16:30
17:00-18:00
18:00-19:00
19:00-20:00
〜19:30
備考 12/30, 1/4休