2018年度 第3回英検 申込受付中



茗渓予備校国立校では英検の受験が可能です(2〜4級)。お申し込みには担当講師にご連絡いただくか、申し込み用紙を国立校までご提出いただくか、あるいは電話、メール、FAXにて国立校までご連絡ください。(他校舎で受験する場合はその校舎にお問い合わせください。)

試験日:一次試験...1/27(日)
    二次試験...3/3(日)
申込期日:12月24日(火)
申込用紙:クリック!
定員:
  •  2級:12人
  • 準2級:12人
  •  3級:8人
  •  4級:8人

英検


2018年度第2回英検二次試験結果



英検2次試験の結果が出揃いました。国立校で一次試験を受けた生徒は、9人合格、1人がCSEスコアであと2点差というところで合格を逃してしまいました。素点では合格ライン丁度だったので、新形式の採点で傾斜がかかっていたことが原因かと思われます。おしい。本会場受験で英検準1級の一次試験は合格していた生徒も、二次試験をほんの数点差で逃してしまいました。(二次試験のみ不合格だった場合、次の3回分を一次試験免除で二次試験のみ受験することができます。)いずれにしろ、英語学習はこれで終わるわけではありません。今回良い結果だった人もそうでなかった人も、また気持ちを入れ替えて次の目標に向けて頑張っていきましょう。


冬休みが明けると...



冬休みが明けると、1月19日にセンター試験、1月25〜27日には本年度第3回目の英検が控えています。

大学受験生は最後の追い上げの時期です。気を緩めずに一気に駆け抜けましょう。自習室をどんどん利用して、空いてる講師がいたら(普段あまり接触がない担任以外の講師でも)積極的に質問していってください。利用できるものは何でも利用して、悔いを残さないよう全力を尽くして試験本番に臨みましょう。

進学校の高1、高2生の多くは、学校でセンターと同日(か1週遅れ)でセンター模試を受けることになります。1年以上まえの時期で目標7割以上を目指して、こちらの準備にも少しずつとりかかっていければと思います。

もし学校でセンター模試が実施されない場合には、茗渓予備校でセンタートライを受講できます(無料)。ぜひ、ご参加ください。




昨日11/4(日)に「英語スピーキング・ライティング講座」を吉祥寺校(11月4日)にて開催しました。1級受験予定者、準1級二次試験受験予定者、2級二次試験受験予定者などが中心に参加しました。来週日曜の二次試験には全員が合格することを願います。当日は本年第二回英検の二次試験A日程と実施日がかぶってしまい、学校などで英検受験した生徒の二次試験対策ができなくなってしまったのが反省点です。


2018年度第2回英検一次試験結果



国立校で英検一次試験を受験した茗渓生は、3級と準2級は全員合格、2級は中2から高3まで7人が合格という結果でした。合格した人は11月11日(日)の二次試験に向けて面談練習を行なっていきましょう。残念ながら今回は一次試験に落ちてしまった人は、しっかりと間違えた箇所を復習して、気持ちを改めて次回合格に向けて頑張っていきましょう!


10/7の英検とバナナ



10/7は茗渓予備校の国立校、新宿校、調布校で2018年度第二回英検が実施されました(この3校舎は英検準会場に認定されています)。私は国立校で試験監督を務めました。今回の国立校は受験級毎の生徒数にかなり偏りがあって、3級が1人、準2級が2人なのに対し、2級受験者は中2から高2までなんと13人もいました。

自分の通う学校で英検受験した生徒の多くは金曜日に受験を終えていて、準1級以上を受験する生徒は同日本会場で受験しました(準1級以上の本会場受験も申込自体は茗渓予備校を経由してできます)。

受験した生徒はみんな合格するように願うところではありますが、英検はあくまで通過地点にすぎません...無論、これは最終目標を大学受験に据える中高一貫校生に限る話ではありますが。英語は大学受験のためだけではなく、将来社会に出て企業に就職した際などに有用な技能を身に着けるため勉強しているという側面もあります。また、大学付属校に通う生徒の場合、高等部への進級条件に英検の取得級が要求される場合もありますから軽んじるわけにもいきません。

そうしたケースを置くとすると、一般的な進学校の中高一貫校生にとっては、英検は中間目標という位置付けになります。中高一貫校生は高校受験をしません。中学生の段階では大学受験という目標はまだずっと先にあるため、日々の勉強も張り合いが出づらく中だるみしがちです。そこで、より近いところで達成感を得られる英検が格好の学習目標になるわけです。

となると、英検はただ受かればいいものというわけでもなくなってきます。英検2級はだいたいセンター試験と同レベルの難易度と言われていますが、英検が6割も取れれば合格するのに対しセンター英語で6割ばかし取ってもロクな大学の合格も勝ち取ることはできません。大事なのは、大学受験で戦える英語力をしっかりと身につけることです。ボーダーギリギリでも名目だけでもいいからとにかく手っ取り早く英検2級に合格してしまうよりも、しっかりと英語学習を積み重ねて万全の状態で英検を受験して、余裕を持って合格することを目指すというのも一つの方法です。この辺は生徒それぞれ、講師それぞれ、考え方が違ったりします...まぁ当の私自身は、受かるものならとっとと早いとこ受かってしまうほうがいいという考え方なんですが(笑)。

今回の英検2級の読解セクションの最初の大問でバナナに関する話が出てきました。「む、どっかで見た記憶があるな...」と思ったのですが、過去問を検索してもここ10年はそんな話題の文章は出題されてません。Google検索して、やっとデジャブ(Déjà vu)の原因がわかりました。


Although there are many varieties of bananas, most bananas sold around the world are one type--the Cavendish. However, this was not always true. Until the 1960s, a much larger and better tasting banana called the Gros Michel was the most popular. Unfortunately, a fungus called Panama disease began killing Gros Michel bananas. Soon, the disease had spread so much that fruit companies could no longer produce enough Gros Michel bananas. They started growing Cavendish bananas instead.
第2回(日曜)英検2級 2018年度


バナナ

The banana is, in many respects, a paradox. A seedless fruit with a unique reproductive system, every banana we buy is a genetic twin of every other. It's that sameness that makes the fruit so easy to grow, but it is also what makes it so susceptible to disease. The slender yellow variety found in supermarkets today--the Cavendish banana--is rapidly succumbing to such a curse, called Panama disease, just as the Cavendish's predecessor, the Gros Michel, was wiped out by a similar disease 50 years ago. In some parts of Africa, banana production has declined by 60 percent as a result of Panama disease and other epidemics, and some experts believe that the Cavendish could disappear within the next 10 years.

法政大学文学部・経営学部 2009年


ちょうど10年後の後日談のような内容になっていました。




台風の影響で学校が休校になったり電車の運休・遅延が起きていますが、茗渓予備校国立校は13:00より校舎を開けています。

今日、国立校で授業がある生徒で出席が難しい場合は、電話、FAX、またはメールにてご連絡ください。振替授業を実施いたします。

台風



次の日曜は英検の一次試験です



国立校では、10月7日の日曜に、英検の準会場として4級から2級までの試験が実施されます。
  • 準2級:  9:30 ~ 11:45頃
  •  4級:  9:30 ~ 11:10頃
  •  2級: 13:00 ~ 15:30頃
  •  3級: 13:00 ~ 14:55頃
この一週間の茗渓での授業が一次試験前最後の授業になります。ラストスパート、張り切っていきましょう。

授業日以外にも自習室で英検の過去問実施ができるので、時間のある人はぜひ国立校に来てください。

英検