更新:2018年12月13日

茗渓予備校    国 立 校

電話番号 :
042-580-2085
FAX番号:
042-580-2185
 
平常学期
(月〜土)
13:00〜21:30
季節講習
 
10:00〜20:00


ブログ
最新情報は参照
(茗渓予備校の指導形態についてはコチラおよびコチラを参照ください)

茗渓予備校国立校文教地区として有名な国立市にあります。近隣には一橋大学桐朋中学校・高等学校国立高校などの優れた教育機関が数多くあり、特に桐朋からはたくさんの生徒が国立校に来て勉強をしています。

教室はコンパクトではありますがとても清潔感のある空間です。冷蔵庫、電子レンジ、お湯ポットなどもあり、勉強に疲れたときには自由にコーヒー、紅茶、緑茶、玄米茶などを飲むことができます。(マイカップを置いて活用している人もいます。)

同時に10人が勉強ができる静謐な自習室もあり、学校の定期試験前の時期には多くの生徒が利用しています。茗渓での指導が無い日でも学校帰りに寄って学校の授業の予習や復習、宿題をしたり、あるいは大学受験学年の生徒の中にはほぼ毎日のように自習室に通い詰めて勉強している人もいます。


校 舎 概 要

TEL
  
042-580-2085
 
 
住 所
  
〒186-0002
東京都 国立市 東 1-4-15
国立KTビル5階

GOOGLE MAP: クリック!
 
 
最寄駅
  
JR国立駅から徒歩1分
地図


順路:①JR国立駅南口を出てすぐに左側へ進みます。②りそな銀行と交番の間を通り50mほど先に進みます。③三井のリハウスが1階にある右手のビル(国立KTビル)に入ります。④エレベーターで5階まで行き、出ると正面に茗渓予備校国立校があります。


校舎の画像 校舎の画像


立川駅からおよそ5分、吉祥寺駅からおよそ20分。吉祥寺校と国立校の両方で授業を担当する講師もおりますので、曜日や科目により両校舎にまたがって受講することも可能です。


新 入 会 生 受 付 中

大学受験対策、学校授業の先行学習・復習、内部進学対策、各種検定試験対策など、生徒一人ひとりの要望・目的に合わせて対応いたします。指導時間帯は:

月曜日~金曜日 ① 5:00  7:00
② 7:00  9:00
 
土曜日 ① 1:00  3:00
② 3:00  5:00
③ 5:00  7:00
④ 7:00  9:00

が基本となります。茗渓予備校では指導は個別対応で行なっていますので、指導時間に関しては担当講師との相談により調整することも可能です(平常指導期間は午後2時から9時半の間)。

例えば、毎週火曜5時からの授業であっても、学校が定期試験直前期で早く終わった時などには普段より早くからきて授業を受けることや、逆に部活の練習が長引いてしまったために授業開始を少し遅らせることなども可能です。

また、部活や学校行事などで休む予定がある場合には、事前にご連絡いただければ振替指導を行います。

bar


無 料 体 験 授 業 実 施 中

受付中
個別対応のゼミ指導」が一体どんなものなのか体験してみたい、という方はお気軽にご相談下さい。一回2時間(小学生は90分)の無料体験授業が受けられます。ご希望の教科の担当者が事前に内容や日時を打ち合わせた上で授業を行います。生徒の進学相談や成績・学習状況についての相談(教育相談)も無料で実施しています。


メール


教 室 内 の よ う す

学習環境の整備には日々心配りをしており、教室は明るく清潔で、自習室の机も広く、長時間勉強しても疲れない椅子が用意されています。

校舎の画像 校舎の画像
校舎の画像 校舎の画像


講 師 紹 介

2018年度4月より
-
数学:菓子
数学:平石
英語:齋藤康
英語:齋藤収




昨 年 度 の 合 格 実 績

国立校舎で学習していた生徒たちの結果です:
おめでとう
合格おめでとうございます!(授業は国立校、在籍は吉祥寺校)


国立校は英検準会場に指定されています

茗渓予備校に通う生徒は、当国立校新宿校にて英検を受験することができます。茗渓予備校では中3から高1までに2級に合格することを目標に指導しています。準1級合格者も毎年複数人出ております。

英検

英検2級は大学入試センター試験相当、英検準1級は早慶入試相当の難易度と言われています。また、2020年度の大学入試制度改革により、多くの大学受験生は英検などの民間団体実施の英語試験の受験が必要になります。

自由英作文講座

国立校によくある質問

コチラをクリック。



校 舎 長 よ り

 
 
 
 
収一先生 時々、お問い合わせなどで次のようなお話を伺います。「学校の成績をなんとか上げたいのです。中学入学当初は高得点をとってきていたのですが、最近、点数が下がってきています…」

学校学習を正しくしているか、間違った勉強をしていないかをチェックし、正しい方向へ導いていくところに我々腕の見せどころがあるのですが、家庭学習を全くしないで成績を上げることはさすがに不可能です。週1回2時間の指導だけでは、説明はできても普段の学習の徹底管理まですることはできません。レベルの高い中高一貫校でそれなりの成績を確保するには、生活面も含め生徒の自立、精神的成長が必要不可欠です。まずは具体的な目標意識を持ち、学習習慣をしっかりと身につけさせることが、第一歩になるかと思われます。

国立校舎長 齋藤 収一
 
 
 
 


お 問 い 合 わ せ

以下の入力欄にご記入いただき、「送信」ボタンをクリックして下さい。 なお、ご提供いただいた個人情報は、当社の個人情報保護方針に基づいて定めた「個人情報の取扱い」の規定に沿って慎重に扱い、目的以外には使用いたしません。 (は入力必須項目)


お使いのインターネット環境によっては送信ができない場合があります。 送信できない場合はメールで上記の内容を送信してください。