2018年度 合格体験記

KRさん(暁星高校卒)

進学先早稲田大学

私は小中高一貫校に通い、英語の授業では旧版プログレスを使っていたため、中学1年から茗渓に通い始めました。また、幼少期からクラブチームで本格的にサッカーに取り組んでいたため、振り返ると高学年になればなるほど、勉強との両立に苦しむことになりました。

中学入学当初は、学校のペースに合わせて英語を学んでいましたが、良い成績が取れるようになると、茗渓では自分のペースに合わせて進められるため、先取り学習を進めていきました。そして、英検を上手く活用しながら、目標を失わずに学び続けられるため、英語は次第に得意科目になっていきました。しかし、高校3年の10月までサッカー部に所属し、高校サッカー選手権予選を戦っていたため、英語以外の科目は手に負えず、残念ながら浪人することになりました。

浪人後は、数学と英語を受講しましたが、数学は、基礎から分かるまで懇切丁寧に教えてもらったため、センター試験では納得のいく点数が取れました。

英語は、また穴のあったライティングやリスニングなどを行ったことで総合的な英語の能力を習得出来ました。そして、夜遅くまで集中して、どんなことでも先生方に相談できる自習室は、本番まで力強い存在でありました。センター試験の結果、第一志望の国立大学にはやや点数が足りなかったものの、その他の私大はセンター入試で合格し、最後の早稲田大学(人間科学)の入試に臨みました。結果的に安定した英語のパフォーマンスを発揮でき志望校に合格できました。

最後になりますが、長い間、親身にアドバイスをいただいた先生方、本当にありがとうございました!




|
|
|
|
|
|
|