TOEICが大学入学共通テストより撤退

投稿日
投稿者
分類


大学入試センター試験に代わって2020年度に始まる大学入学共通テストの英語の民間資格検定試験を巡り、文部科学省が認定した8試験の一つのTOEICが撤退する...TOEICを実施するIIBCは撤退理由について「受験申し込みから実施運営、結果提供に至る処理が当初の想定よりも複雑になることが判明した。責任を持って対応を進めることが困難であると判断した」としている(詳細:毎日新聞)。


英語民間試験導入中止に大学教授ら野党へ請願

投稿日
投稿者
分類


2020年度から始まる大学入学共通テストをめぐり、英語の民間試験の導入に反対する大学教授らが18日、活用の中止などを求めて野党の衆参議員計11人に請願を提出した。大学や高校の教員ら約8千人分の署名を添え、「公平性や公正性の問題が解決できていない」と訴えた...請願を提出後に会見した荒井克弘・大学入試センター名誉教授らは、目的が異なる試験の結果を比較することはできないと指摘。「このまま実施すれば、多くの受験生がトラブルに巻き込まれる可能性が高い」として、活用をやめるよう求めた(詳細:朝日新聞)。

東大元副学長らが英語民間試験中止を求める請願書提出

2021年1月に始まる「大学入学共通テスト」で導入される英語の民間試験について東京大の元副学長らが18日、東京都内で記者会見を開き、「民間試験の制度に多くの問題点がある」などとして利用中止を求める請願書を野党の国会議員に提出したと明らかにした。記者会見を行ったのは、今年3月で東大を定年退職した南風原朝和元副学長や大学入試センター元副所長の荒井克弘氏、羽藤由美京都工芸繊維大教授ら5人。約8000人分の署名を添えて同日、国会議員に渡し、文部科学省に対しても民間試験の利用中止を要請した(詳細:読売新聞)。


都立高校の学力検査結果、英語の平均点が13.6点ダウン

投稿日
投稿者
分類


東京都教育委員会は2019年6月27日、2019年度(平成31年度)東京都立高等学校入学者選抜における学力検査結果の調査について公表した。教科別の平均点を見ると、国語と理科は2018年度より上昇し、数学と英語、社会は低下。特に英語は13.6点低い平均点となった(詳細:リセマム)。




大学入試センターは、センター試験の後継として2021年1月16、17日に1回目が行われる大学入学共通テストの配点や問題作成方針を公表した。英語は従来の筆記200点、リスニング50点の計250点から、リーディングとリスニング各100点の計200点に変更。国語と数学1、数学1・Aでは記述式の小問を各3問出題することが正式に示された。英語の試験時間はリーディングが80分。共通テストでは「読む・聞く・話す・書く」の4技能を測る民間検定試験も導入されることから、従来の筆記に盛り込まれていた発音やアクセント、語句整序の問題は取りやめ「読む」力を測る出題とする(詳細:共同通信)。




再来年から始まる「大学入学共通テスト」に導入される英語の民間試験について、国立大学のおよそ4割が、出願資格などには使うものの合否判定には使わないなど、対応にばらつきがあることが文部科学省の調査で分かりました...文部科学省が82ある国立大学が民間試験をどのように利用するか調査した結果、出願資格などには使うものの、最終的な合否判定には使わない大学が東京大学や京都大学など35校とおよそ4割でした。このうち、一切利用しない大学は北海道大学や東北大学など3校でした。一方、国語の記述式については、利用方法などが「まだ決まっていない」と回答した国立大学は全体のおよそ3割に上ったということです(詳細:NHK)。


国立大13校が英語「中卒程度」で出願可

投稿日
投稿者
分類


2020年度に始まる大学入学共通テストに導入される英語の民間資格・検定試験の成績について、全国の国立大学82校のうち、少なくとも13校が「中学卒業程度」を出願資格とすることが判明した。国立大学協会(国大協)は「高校中級程度」を出願資格にするなどの方針を示しているが、13校は受験機会の均等が保障されていないことや英語の不得意な受験生に門戸を閉ざさないことを考慮した。中学卒業程度とは、語学力の国際指標「CEFR(セファール)」の6段階で最低レベルのA1に相当する。出願資格(一部の学部のみを含む)をA1としたのは、帯広畜産大、宮城教育大、横浜国立大、上越教育大、金沢大、福井大、京都教育大、徳島大、香川大、愛媛大、高知大、福岡教育大、熊本大の13校で、毎日新聞が4月30日までに各大学のホームページなどで公表された内容を集計した(詳細:毎日新聞)。




全国の公立学校の中高生のうち、2018年度に政府が掲げる英語力の水準に達したのは中3で42.6%、高3で40.2%だったと、文部科学省が16日公表した。いずれも5年前と比べて約10ポイント上がっているが、「50%」という政府の目標には届いていない。また、中3で最も高いさいたま市が75.5%に達する一方、最も低い北海道は30.0%で、自治体間で大きな差が出た。政府の水準は、中3で英検3級相当以上高3で英検準2級相当以上の能力があること...調査では英語担当教員の英語力についても聞いている。英検準1級相当以上の英語力を示す資格をもつ教員の割合は中学で36.2%高校で68.2%で、こちらも政府の目標(中学50%、高校75%)には届かなかった(詳細:朝日新聞)。



高校の英語教員に研修



2020年度、大学入試センター試験に代わる大学入学共通テストで英語の民間検定試験が導入されることを受け、兵庫県教育委員会は高校の英語科教諭約千人を対象にした研修を始めた...文部科学省が2017年に行った調査によると、兵庫県では、公立高校・中等教育学校後期課程の英語担当教師の82・5%が英検など英語能力に関する民間試験を受験したことがあると答えた一方、英検準1級程度以上を取得しているのは66・1%にとどまる。そこで、県教委は英語力・指導力のさらなる向上を目指し、研修実施を決定。昨年12月、同テストが初めて実施される20年度に受験する1年生(現2年生)を担当する教師約200人に研修を行った(詳細:神戸新聞)。




TOEIC「スピーキングテスト」の採点方法

投稿日
投稿者
分類


「スピーキングのテストは、どのように試験を行うのでしょうか?」...「パソコンを使って行います。ただ、採点については機械採点ではなく、ETSの厳しい基準を通過した採点者が採点します。受験者は出題された問題に回答する際に、パソコンに取り付けられたマイクに向かって英語で話します。すると、その音声データが採点者に送られ、オンライン上で採点を行うのです...採点者は学歴や英語指導経験などによる書類選考、ETSが開発したトレーニングなどをクリアして資格を取得します...ひとりの採点者がひとりの受験者の回答をすべて採点するということはしません。受験者の情報を伏せた形で1問ずつ別々の採点者が採点を行い、採点者の先入観によるヒューマンエラーの発生を抑えるようにしています。採点基準は、コミュニケーション能力を重視する傾向にあります。例えば、発音が完璧でなくても、"しっかりと伝わるか"といった部分を見ています」(詳細:Yahooニュース)。