英語民間試験、地方国立大は加点、旧帝大は出願資格

投稿日
投稿者
分類


2020年度から始まる大学入学共通テストで導入される英語の民間試験...五つの旧帝大を含めた17大学が一定の英語の能力を「出願資格」にする一方、地方国立大を中心とした29大学は民間試験の成績を点数に換算し、大学入試センターが行う試験の成績に加点すると決めた...21年春の入学者から対象となる共通テストは現行の大学入試センター試験と異なり、「読む・聞く・話す・書く」という英語の4技能を測ろうと、民間試験を使う。成績の出し方がそれぞれ違うため、欧州言語共通参照枠(CEFR)の6段階に当てはめ、大学側に提供される。大きな転換に配慮し、2023年度までは入試センターが「読む・聞く」の2技能を測る試験を続ける予定だ...東京、京都、大阪、九州、名古屋の5[旧帝大]が、CEFRで下から2番目の「A2」以上の能力を受験生に求める。東大と名大は高校の書類などによる証明も認め、民間試験を必須としない。一方、東北大と北海道大は公平性の問題が残るとして、2020年度は活用しない。東京外国語大や旭川、浜松、滋賀の各医科大も出願資格方式だ...出願資格方式を採用すると、その水準に届かない受験生は「門前払い」となる。このため、地方国立大などは英語が苦手な人にも受験のチャンスを与える加点方式を採用している。これまでに、福島、静岡、兵庫教育などの大学は具体的な配点案も発表している。加点方式のうち東京工業大や長崎大など4大学は出願資格と併用する。また、全体の約4割に当たる34大学は方針を未定としている(詳細:朝日新聞)。


中学受験で英語入試が増加

投稿日
投稿者
分類


この数年は英語を受験科目にする中学校が増えており、首都圏模試センターによると、今年は首都圏の国公私立中約300校のうち125校が、選択式などを含め、何らかの形で英語入試を実施する。2014年度入試の15校と比べ、約8倍の学校数で、「英語1教科」の入試も広がっている...桐朋女子中学校(東京都調布市)は今年から、英語1教科の入試を始めた。リスニング試験に加え、英作文をし、解答に至った過程も英語で説明してもらう。英検3級程度の力が必要とい[う]...英語入試は元々、帰国生を想定して設けていたケースが多い...レベルも様々で、英検準1級、2級程度のレベルを求める学校もある(詳細:朝日新聞)。


国立大学が入試解答例を今年の入試より公表

投稿日
投稿者
分類


国立大学協会が、入試の透明性を高めるため、これまで各大学の判断に委ねてきて非公表が多かった入試問題や解答例について、今年の入試から全ての大学が原則公表する方針を決めました。選択式など答えが1つに決まった問題だけでなく、記述式の問題についても、標準的な解答例や出題の意図を公表するよう求めています(詳細:NHK)。




都立高校入試英語でスピーキングテスト導入のプレテスト実施

投稿日
投稿者
分類


東京都立高校の入試で英語の「話す」力を測るため、スピーキングテストの導入を検討してきた都教委の検討委員会が12/18に開かれ、「都内の公立中学校の3年生全員を対象に試験を行う」ことを柱とする報告の概要を固めた。来年度にプレテストを行い、早ければ2020年度の中3から実施を開始する。結果を高校入試でどう使うかは、まだ決めていない(詳細:朝日新聞)。


センター試験直前に人気の英語の問題集

投稿日
投稿者
分類


紀伊國屋書店ベストセラーによると、大学入試センター試験直前に売れた英語の参考書・問題集は以下の通り(詳細:高校生新聞)。
  • 1位 マーク式総合問題集英語 〈2019〉(河合出版)
  • 2位 大学入試センター試験実戦問題集英語(筆記) 〈2019〉(駿台文庫)
  • 3位 センター試験過去問研究英語 〈2019年版〉(教学社)
  • 4位 大学入試センター試験過去問レビュー英語 〈2019〉(河合出版)
  • 5位 大学入試センター試験過去問題集英語 〈2019〉(駿台文庫)


2019、2020センター試験は難化するか

投稿日
投稿者
分類


(1月19日から始まる今年のセンター試験の)内容は大きく変わらないが、問題が難しくなる可能性が考えられる。センター試験は平均点が6割になるように作られているが、2021年からの『共通テスト』は平均点が約5割に設定され、難しくなることが決まっている。新テストからいきなり難しくするのはどうかということで、残り2回のセンター試験でも、平均点を5割に近づけることが考えられる(詳細:女性セブン)。


東大は英語民間試験の代わりに専用の「英語力証明書」を導入

投稿日
投稿者
分類


東大は、「大学入学共通テスト」の初年度の受験生の英語力を確認するため、高校の調査書ではなく、専用の「英語力についての証明書」の提出を求める方針を発表した。2020年度から始まる共通テストは英検やTOEICなどの英語民間試験を導入するが、同大は民間試験の成績を必須としないことを表明していた。調査書に英語力の記載を求めると、高校が他大学向けとは別の調査書を作ることになり、混乱が想定されるためだという...東大は9月にCEFRの6段階で下から2番目の「A2」以上の英語力を出願資格とし、①民間試験の成績②A2以上の英語力があると書かれた、調査書などの高校が作る証明書③障害や病気などの理由で①②の書類を出せない事情を説明する「理由書」、のいずれかを求める基本方針を発表していた(詳細:朝日新聞)。


現高1生の56.7%が英検を大学入学共通テストで利用する予定

投稿日
投稿者
分類


2020年度から本格化する大学入試改革を受けて河合塾が現高1生2,026名を対象に実施した「英語資格・検定試験に関する意識調査(アンケート)」によると:
  • 74.6%が英語検定試験を受験済み。
  • その内80.4%が英検、36.2%がGTECを、11.8%がケンブリッジ英語検定を受験済み。
  • 大学入学共通テストでは56.7%が英検を、24.2%がケンブリッジ英語検定を、17.4%がGTECを利用する予定、28.4%が未定。
  • 通学校の32.8%が英語検定試験受験対策指導を実施している。
という結果であった(詳細:PRTIMES)。


2020年度大学入学共通テストより導入される英語民間試験の一覧

投稿日
投稿者
分類


英検協会やべネッセなどの試験運営団体により構成されている「英語4技能資格・検定試験懇談会」が、2020年度大学入学共通テストより導入される英語民間試験の一覧を公開しました。(現時点での)それぞれの試験の日程や検定料、CEFR対応レベルなどが確認できます。詳細:英語4技能試験情報サイト